予期せぬ出来事

続きのアップが本当に遅れてしまいました
避妊手術後に起きた出来事です。

はなは手術後、エリザベスカラーをつけませんでした。
それがいけなかった!!
お腹に巻いていた包帯を口でずらし、
傷口をなめたまではいいのですが、
なんと、糸を自分で抜いてしまったんです。
そのせいで傷口が開いてしまいました

出血まではしなかったんですけど、痛々しかったです。

IMG_1495.jpg

これ、わかりますか?
お腹の毛の一部がないんです。
パッカリ開いてしまった傷口のせいです。ごめんよ、はな。


もうひとつ。避妊手術が原因かはハッキリとしてませんが、
はなは4歳の冬ごろからオモラシをするようになりました。
ホルモンバランスが崩れているのが原因、「かも」しれないそうです。
プロインという薬で良くなりましたが(今は飲んでません)、
たまにオモラシしてしまいます。
薬を飲んでいれば確実にオモラシしませんが、
家族で、はなのトイレをコントロールする方向に決めました。

避妊手術をしなければ、オモラシはなかったのか?
と考えるときもあります。
でも繁殖の予定はなし、病気のリスク回避、寿命が延びる等
いろいろ考えて行った結果です。
はなと一緒にがんばっていきます。


IMG_1502.jpg

冬になり、よく寝てます。
オモラシも時にしちゃうけど、仕方ないもんね。
でもイビキ寝屁(クサイ!)はどうかと思うよ

IMG_1517.jpg

とにもかくあれ、今日も元気いっぱいな、はなです。
寒くなってきたので、首まわりのファーが凄いです。
夏に比べて一回りでかいワンコに!


今後、ブログのアップは不定期になると思います。
みなさんお暇なときにのぞきに来てやってくださいね^^
心配してくださって、本当にありがとうございます。
メッセージ下さった方々、励みになりました。

ほんとうにありがとう


追記:
尿モレのお薬のプロインは、再服用しています。
カテゴリとしてサプリに近い薬らしいです(詳しくはわかりませんが…)。
そして念の為に内臓機能の血液検査をし、負担がかかっていないかチェックしています。

避妊、決断の時

きりり

はなはこう見えても女の子でございます。
訓練所から無事帰還し、そろそろ年頃になってまいりました。

避妊、どうしよう。

実はほとんど決まっていたんですけどね。避妊はすると。
理由はこんな感じです。

・はなは雑種なので、子犬なので産まれてももらい手がないかも
・その場合、ウチで全部飼うのは無理
・避妊をすることで、様々な病気が防げる

最後の理由が一番ですね。
はなの子犬が産まれたらめちゃくちゃ可愛いでしょう。
でも、私ははな「そのもの」が一番大事なんです。
防げる病気は防ぎ、それで寿命も延びるなら。こう考えての決断です。

最初の生理が終わった後、獣医に連れて行き、入院手術しました。
目の前で麻酔を打たれ、意識を失うはな
急に可哀相になり、思わず呼びかけました。

ごめんね、はな。明日、迎えに来るからね。


避妊後1

翌日、はなは帰ってきました。オナカが痛いのか姉さん座りです。
ベロまでしまい忘れてます。

避妊後2

包帯が痛々しいです。エリザベスカラーは無しでした。
疲れているのか、あくび連発のはな。

足ハゲ

包帯が取れて。左前足のハゲ、わかります?
点滴をするために毛を刈ったんです。なかなか生え揃いませんでした。

ひらき2

やっぱりこの格好。オナカ、丸ハゲですよ!

さて、無事に終わったかの避妊手術、思わぬ事が2つ起こりました。
次回、「予期せぬ出来事」。お楽しみに~


追記:
今思うと、このときの獣医さんは随分と乱暴でした。
目の前でいきなり麻酔薬をうつなんて(予告もなしにいきなりだった)。
もうとっくに獣医さんは別のところに変えちゃいました…。


はな、帰る

さて、警察犬訓練所に入れて約4ヶ月。はなが帰ってきました
はなの変化など代表的なものを箇条書きにしてみます。

あくび

<変わってないところ>
・人なつこさ
・穴掘り

相変わらずの人大好き!穴掘り大好き!で帰ってきました。
これは訓練うんぬんじゃないですね~。今はもう掘らないし。

玄関毛布

<良くなったところ>
・人に盾つかない
・散歩中のリードの引っ張りが以前より解消
・無駄吠えを一切しない

人なつこくても威張りんぼの、はな。私を咬んだりもしてました。それが一切解消。
リードの引っ張りについては下記にて。
そして、はなは元々あまり吠えなかったんですが、
全く吠えなくなりました。これが一番しつけたかった点なので、満足

小屋かしげ

<ダメ?なところ>
・子供がダメ
・オヤツにがっつく(そして後に吐く)
・犬づきあいの下手っぷり

子供に対しては今でも優位に立とうとします…。
はなの前に子供が来ると、後ろ足で立ち上がります。
大人に対して嬉しくて飛びつくのとは別に見えます。リードで何とか制御してます。

オヤツのガッツき…どうしたもんだか…。

犬づきあいは良くなりませんでした…。
入れた所が警察犬訓練所だったため、はな以外の9割がシェパード、
残りがラブラドールでした。犬同士の交流、みたいのもなかったようです。
相変わらず、ワンコに対して急激な動作を見せる、困った子です。

はなは一人っ子です(もう1匹は死産)。
なので姉妹で取っ組み合いをしたりしてないんですね。
また、母ワンコはけっこう高齢で、あまり遊んだりしてなかったみたい。
この辺りに犬づきあいの下手っぷりの原点があるのかも。

ひらき1

そしてみなさんも指摘していたことは、やはり起こりました。

「訓練士の言うことはきくが、飼い主の言うことはきかない」

リードの引っ張りと散歩の態度に顕著に出ました。
訓練士さんと歩くと、訓練士さんの左にピタッと付き、一切抵抗しない。
しかし私と歩くと…。
でも以前のように、「腕抜ける!」というのはなくなりました。
引っ張ることがあっても、リードをクイッと引けば、
だいたいの場合は止めます(ネコがいた場合は別…)。

結果として、訓練所に入れて良かったです
ですが、出張訓練、通い訓練が可能なら、そちらをオススメします。
飼い主との絆も深まりますし、何より寂しくないですから。

余談ですが、訓練所で唯一のちっこいワンコだった、はな。
アイドル的存在として訓練士さんたちに可愛がられてたようです。
チンチンまで教えられてました!ちゃんと身にはつかなかったですが…。

次回、「避妊、決断の時」。お楽しみに


追記:
長かったようで短くて、やっぱり長かった訓練所時代。
散歩の引っ張りは訓練もあるとは思いますが、
リードを持っている人の意思が強く関係しているように思います。
無駄吠えしないのは、住宅密集地なので本当に良かったです。

はな、収容所送りになる

収容所はな

我が家にやってきてからというもの、
イタズラの限りをつくしてきた、はな。 事件は、ある晩に起こりました。

はなが、父ちゃんの蘭に手を出したのです。
それは父ちゃんが凄く大事にしていた蘭。
とっても貴重な蘭。はなが、それを鉢から引っこ抜き、ボリボリにしたのです。
それまでにも父ちゃんの大事なイチジクの苗を10回以上も掘り返した、はな。

父ちゃんの、堪忍袋の尾が切れました。

「もう、面倒はみん!!」

私は、はなを叱ることしかできませんでした。

ワンコを飼う前から、ワンコを飼ったら訓練所に入れようとは思ってました。
ですが、このようなタイミングで入れることになろうとは。
笑顔で、はなを送り出したかったのに。

生後約7ヶ月で、とある警察犬訓練所へ入れました。
もちろん寄宿舎制度で、はなとは3ヶ月は離れて暮らします。
また、面会も月に1度と限られていました。

IMG_1468.jpg

はなが檻に入っての対面。いつも寝ている部屋から、とりあえずここに移されます。
父ちゃんを、じっと見てます。
父ちゃんも、大人気ないことをしたと、かなり反省してました。

IMG_1469.jpg

はなの成果を専属のトレーナーさんが見せてくれました。
驚くほど、トレーナーさんの言うことをききます

IMG_1470.jpg

檻から出してもらって、父ちゃんに甘えています。
凄く叱られたけど、家族だもんね

IMG_1472.jpg

私にも甘えてきました。こんなこと、それまでなかったのに。
凄く、さみしいんだな、って感じました。

はなが訓練所に入って初めて、
はなの存在が物凄く大きかったことに気づきました。

朝起きてもはながいない

これだけで、凄くさみしかった。
でもそれ以上に、独りで知らないワンコと暮らしていたはなは、
うんと、うんとさみしかったはず。ごめんね

次回、「はな、帰る」。帰ってきたはなに変化が


追記:
この夜の出来事はいまだにハッキリと覚えています。
いろんな意味でショックでしたが、はなが一番ショックだったでしょう…。

暴れん坊ハナマイヤー

今でこそスッカリ丸くなり(体もな!)、言うこともちゃんときく、はなですが、
1歳になるまでは、それはそれは手が付けられなかったのだ!!

・庭中に穴を掘る(何度はまったか!足をくじくのよ!)
・植えたばかりの苗を全部抜く(高いやつもあった!)
・玄関の靴類は全部庭に移動(出かけられん!)
・つなごうと呼んでも全く来ない(電車に乗り遅れるわい!)
・散歩中は引っ張りっぱなし(腕が抜ける!)

書ききれませんがな。

少し中犬はな1

こんな顔して、めちゃくちゃやりました。生後6ヶ月ごろですね。

少し中犬はな2

「知ら~ん」って態度が頭にくるわ!!

門とはな

門から出たくて、いつもここに陣取ってました(で、一度逃げた…)。


そして、あの悪夢のような出来事が起こったのです…
次回「はな、収容所送りになる」。乞う、ご期待


追記:
ほんと~に!この頃はメチャクチャやってくれました。
呼んでも来ないのが一番大変でした。
こちらの言うことを少しでも聞くようになったのは、3歳過ぎだったように思います。
プロフィール

ハナマイヤー

Author:ハナマイヤー
ハナマイヤーこと はな
2002年2月13日生まれの雑種

日々の昼寝の合間合間に起こる
よしなしごとを綴ります
ワンコ以外のネタもあります

リンクフリーです
写真の転載転用はご遠慮ください

ハナマイカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR