不思議特集

ハナマイヤーの不思議特集!
でもワンコに共通した不思議でもあるかも!?

IMG_0390.jpg


なぜか走ってくる時は体が斜めになっているハナマイヤー。
散歩中もわりと斜めで歩いてる。

IMG_2193.jpg


背中んとこ。巻きシッポが当たる部分に『シッポ格納庫』がある。
わかりますか?背中の毛が割れてるの。
しっかし首のとこ、凄い肉に見える!柄ですから!ファーですから!!

IMG_2228.jpg


どうしてマズルの先っちょが黒いの?
どうしてここだけ黒いの?
しかもどうして下アゴのところはM字になってるの?

IMG_2398.jpg


舌を出したまま寝てることがわりと多い。乾燥しませんか~?
しかも半目あいてるし!!
舌も目も乾いちゃうよ!どうしてこれで熟睡できる!?


追記:
不思議は今も脈々と続いておるのです。

前回の補足

前回のブログで訓練士さんに教わったことを書ききれなかったので、補足です。


IMG_2371.jpg

▲ 「オヤツに手が届かないっ!

飼い主の基本姿勢は『叱らず誉め殺し』だそうです。
悪いことをしたら、叱らずにひたすら無視。
良いことをしたら、すかさず誉めまくる。これがキモだそう。
ダラダラ叱る、ダラダラ誉めるのは良くなく、メリハリが大事

はなの良い行動として訓練士さんが見つけたのが、
人の前に座ることと、転がってお腹を見せるポーズ(服従の姿勢)
どちらもとても良いことなんですって。
なのでこの姿勢をしたら、撫でてよ~く誉めてくださいと。
私は良い行動だと知らなかったです。
ただ、撫でて欲しいから座るし寝転がるもんだと。ワガママなんかなと。
解釈が違ってました。これからは、うんと誉めます。

IMG_2368.jpg

▲ 「だから今すぐ撫でてちょうだいな~

ワンコと仲良くできないことについては、
はなはもう6歳ということもあるし、無理して仲良くしないくて良いと言われました。
ワンコが来てガウりそうになったり、興奮したときはオヤツ作戦をしてくださいって。
オヤツを鼻先に持っていって、こちらに注意を向けます。
ワンコが遠ざかったら『お利口だったね~!』と言ってオヤツをあげます。
そうすると、「ワンコが来る=オヤツが来る=良いことがある」と覚えます。
ガウって叱ると、「ワンコが来る=叱られる=嫌な事がある」と覚えてしまい、
余計ガウることにもなりかねないんだそうです。

最後に訓練士さんが言っていたことは、
『他人に迷惑さえかけなければいいんですよ』ということ。
しめつけてばかりでは、飼い主もワンコもストレスがたまっちゃうって。
おおらかに過ごしましょうというお話でした。

IMG_2369.jpg

▲ 「いつでもおおらか、だららんらん~

そんなこんなで私の心配は杞憂に終わりました。
プロの方を呼んで納得できて、良かったです
私の不安を書き綴ったブログに相談に乗ってくださった皆様、
ありがとうございました!! 

週末にはながまた体調を崩してゲーゲしてました。
お腹もギュルギュル鳴ってました。もう復活してますのでご安心を。
昼と夜の寒暖の差が激しいので、体調を崩しやすいそうです。
みなさんのところのワンちゃんも気をつけてあげてください


追記:
このシリーズ、しつこいですね…。
お付き合いくださってコメントをくだっさった方、
ありがとうございました!

カウンセリング

先日、ハナマイヤー宅に訓練士の方をお呼びしました。
私が『問題犬』なのではないか?と心配するあまり来てもらったんです。
一度プロの方に見てもらえば、安心するかなーと。

さて、結果ですが、全く問題なしでした!!良かったです
多少吠える程度なら許してあげて、と言われました。
全く吠えないなんて絶対無理だそうです。

IMG_2198.jpg

▲ 「アタシに問題があるわけないわ

検針員さんにだけ吠えるのは、検針員さんに何かされたか、
ちょうどその方がいたときに大きな音がしたりなど、
ハナマイヤーにとって怖いことがあったかもしれないそうです。

そういえば思い当たる、ハナマイヤーの変な行動があるんです。
検針員さんに吠えた頃から、いきなりハアハア言い出して
膝に無理矢理よじ登るようになりました。登ってブルブル震えているんです。
私が立っていると、足の間に体を突っ込んできてブルブル。
その怖かったことがトラウマになってるかもしれないそうです。

IMG_2260.jpg

▲ 「ちょい、登らせて~

ワンコと仲良くできないのは、
生後3ヶ月頃にワンコとたくさん触れ合ってないのが主な原因みたいです。
それと入っていた訓練所で他のワンコに苛められた可能性もあると。
我が家に来てくれた訓練士さんは、
訓練所に入れるのはいろんな意味であまりオススメしないそうです。

さて、トラウマの克服やワンコと仲良くするのには、
飼い主が神経質にならず、どっしりと構えてリードしてあげてと言われました。
散歩のときも、ハナマイヤーの散歩に私がついていくのではなく、
私の散歩にハナマイヤーがついてくる形にするよう言われました。
基本的にニオイは嗅がせず、横を歩かせるだけ。
3~4回立ち止まりスポットを作り、そこでニオイ嗅ぎと用足し。

普段の暮らしでもワンコの要求をのまないようにとの注意も。
全ての行動が、飼い主の許しがないと制限されることをわからせるのだそうです。
こう書いてしまうと、ワンコには何の自由もないの?ストレスたまらない?
と思われてしまいそうですが、そうやって飼い主が全てをコントロールすることで
ワンコは『この人に任せていれば大丈夫なんだ』と安心するそうです。

IMG_2176.jpg

▲ 「なんで登らせてくれないの~?

面白い話を訓練士さんから聞きました。
いつも同じところでメチャクチャ吠えるワンコがいたそうです。
ところが、そのワンコの飼い主さんでなく、訓練士さんがリードを持ったら
全く吠えなかったと。それくらいリードを持つ人の心が伝わってしまうのです。

ワンコは群れを作る動物です。
飼い主がワンコのリーダーとなって、ワンコを引っ張るべきなんですって。
神経質なのが一番ダメ!だそうです。反省
もっとデカイ人間になって、ハナマイヤーをど~ん!と受け止めるわ!!

IMG_2194.jpg

▲ 
これはデカイケツ。訓練士さんに少し太り気味って言われました。
腰のくびれが出て、アバラに触れるくらいまでダイエットしてね、だって。
がんばるわよ~。もうオヤツはないわよ~。


追記:
飼い主がナーバスになるのが一番イカンですな。

凶暴なのかな

前回のブログでは「はなちゃんおとなしいね」と言ってくださり、
とても嬉しかったです。ありがとうございます^^
ですが、どうもこの頃おかしい気がするハナマイヤーなんです

IMG_2173.jpg

▲ 「わたし、おかしいの?


先日、散歩から帰ってくると、ちょうど新聞の集金の女性が来ていました。
お金を取りに行こうと、はなを連れて敷地に入ろうとした瞬間、
はなが後ろに向かって思い切りリードを引っ張りました。
リードの先には、新聞の集金の女性がいました。
はなの背中の毛は、逆立っていました

はなの動きを見ていなかったので正確なことはわかりません。
でも私は、「はなが女性に飛びついて咬もうとしたのでは?」と思いました。
女性がはなの後ろに回ったのが気に入らなかったのか、
はなは女性一般があまり好きではないからなのか。

IMG_2204.jpg

▲ 「・・・・・・・・・・


この新聞屋の女性とはなとは、いつもは門越しに会ってます。
その時、はなは様子を見に来るだけでどこかに行ってしまいます。

散歩しているときに女性やその他の人々とすれ違っても、はなは何もしません。
地面のニオイを嗅ぐのに一生懸命です。
「ワンちゃ~ん」と言って寄ってくれる人には、男女問わず撫でられています。
その時は背中の毛は立ちません。
ですが、はなの中での好き度は圧倒的に『男性>女性』です。

IMG_2192.jpg

▲ 「おじさんが好きなの


どうも電気の検針の女性に吠えるようになって以来、おかしい気がするのです。
このままでは、人に咬みつく犬になってしまうかもしれません。
私より、自分の方が立場が上だと勘違いしているのかもしれません。
父ちゃんにもこの件を報告し、散歩のときには注意しようと話しました。

実は今、通いで来てくれる訓練をしようか検討中です。
今まで人にも犬にも咬み付いた事はないけれど、この先どうなるかはわかりません
一度プロに見てもらうのも手段としてアリかな、と考えています。


追記:
ワシ、悩みすぎだろ!!鬱陶しいですね~。
そんな鬱陶しい記事にコメントくれた方は神様です。
自分とこの犬に気を配るのはもちろんですが、
配りすぎてバラ撒きすぎとる。
飼い主が不安だと犬も不安になるわいや~。
それが一番の原因だったかもしれない出来事です。

完璧な犬

昨日のブログでは、私のつぶやきに答えていただき、
本当にありがとうございます。
初めての事で、焦っちゃったんです。
はなが、言うことをきかない犬になるんじゃないかと。
6年間生きてきたはなが、オモチャを取り上げようとしたら初めて唸った。
ビックリしちゃったんです。立場が逆転してる!?と。

IMG_2188.jpg

▲「そうなの?エヘ


でも後ろからの抱え込みはさせてくれるし、
呼べば来るし、食器に手を突っ込んでも怒らないし、
寝ているところをいじくりまわしても平気だし(むしろ喜ぶ)…。
もっとはなの良い所を認めてあげるべきだと気付きました。
6年間でたった1度唸ったくらいで、揺らいでしまうとは。情けない!!

完璧な犬なんていない、と思っていたのに、
いざ自分が唸られると、こうも慌てふためいてしまうとは。
私がドッシリとかまえていなければ、はなはどうする!?
しっかりせい!私!!

IMG_2222.jpg

▲「そうよ!しっかりするのよ!!」


さて、ネットで今回のことについていろいろ調べました。
主人である人間に唸るなんてとんでもない。叱りまくる、という方も多々いました。
ですが、私が一番納得した意見は違いました。
http://www.dogoo.com/toukou/dogqa/situke/unaru9.htm
ここの、下から2番目の「唸り犬」さんの書き込みに大いに納得。


早速この方法を試したら、最初はオモチャかオヤツか迷っていましたが、
ちゃんとオモチャを渡してくれました。また、ここに書いてある、

イギリスのあるシェルターでは唸る犬は良い犬だと言われているそうです。
不快な状況を冷静に判断し、いきなり攻撃はせずに、
事前に相手に知らせようとしている行動だからです。


という意見にも救われました。
はなは問題行動のある犬じゃない!ってわかったから。たぶん!!

あご下さすさす

▲「アゴ下さすさすキモチいいの~
いろいろ疑っちゃってごめんね、はな。


追記:
なりやらえらく張り切った記事で恥ずかしい。
こんなことで悩んでいた時期もあったのね~(遠い目)。
今は少々問題あろうが、気にしなくなりました。
気にしなくなったら問題も減った気がします。
プロフィール

ハナマイヤー

Author:ハナマイヤー
ハナマイヤーこと はな
2002年2月13日生まれの雑種

日々の昼寝の合間合間に起こる
よしなしごとを綴ります
ワンコ以外のネタもあります

リンクフリーです
写真の転載転用はご遠慮ください

ハナマイカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR