FC2ブログ

ハナマイ旅立つまで その2

皆さんこんにちは。ハナマイヤーのハゲです。
ついに美容院を変えねばならんかもしれぬ。
数年前に長年担当してくれていた人が辞め、新しい人になった。
ちょっと疑問に思うことはありつつも、通っていた。
しかし先日のカットで髪をすいたのは許せん!
軽いパーマをかけているので動きと束感をだすためとの説明だったけど、
そもそも超猫っ毛かつ髪がうすいのよ。もうハゲてきているのよ。
なのにすいちゃったよ!ハゲ感ぱないよー!!!
しかもこの美容室で使うシャンプーが変わったらしく、数日間においが取れない!
というわけで、ウン十年ぶりに別の美容院を探すことになりそう。キイー!

さて、前回の「ハナマイ旅立つまで その1」の続きです。
食欲なくなる→腹水たまる→検査不可→ステロイド注射→元気なくなる
みたいな流れの後です。今回は前回以上に長文です。旅立ちまで書きます。
今回も直接的な表現ありまくりです。

DIMG_8957_0726.jpg
▲ 「苦手な人は回れ右!」 ↑実はシリンジ食が嫌で拒否するハナマイ


7月28日に往診してもらい2回目のステロイド注射をうつ。
しかしやはり変化はないどころか、一歩歩いてはグラーという状態になってしまう。
もうステロイド注射はしないことに決定。この日もほぼプリンのみの食事。

シリンジで高カロリードリンクやカンカンを与えるのもしばらくやったけれど、
暴れまくってすごく嫌がるのでやめた。
無理やりにでも与えていたら、もう少し生きられたかもと思うことはあるけど、
ハナマイが嫌がることはしたくなかった。

DIMG_8975_0728.jpg
▲ 
7月28日。水を飲んだ後。


7月29日、ハナマイの大好きな人が来る。
この日を境に少し元気をもりかえし、食欲も出てくる。
プリン以外にもマグロ、ゆで豚肉、白飯、犬用牛乳、さつま芋などを食べる。
しかし体重減少は止まらず、7月30日には11.7キロになる。

DIMG_8982_0729.jpg
▲ 
7月29日。なんとこの日にはエアコン工事があった。


8月4日になると何も口にせず、犬オヤツを少しのみ。夕方に下痢をしてしまう。
8月5日に生卵と高栄養ジュース、プリン一口。これが最後の食事になった。

8月6日相当よろよろになり、水のみ口にする。
8月7日も水のみ。夜には自力で立てなくなり、トイレできないためオムツ当てる。
この日くらいからハナマイと同じ部屋で寝るようになる。

DIMG_9075_0807.jpg

8月7日、動けなくなったハナマイ。体重10.9キロ。


8月8日には早朝に嘔吐、昼に寝たまま下痢、18時にはかなり吐いて下痢もする。
このときの動きがかなり痙攣っぽい感じで、この時点を境に立てなくなり息も荒くなる。
23時にも嘔吐と下痢。

8月9日早朝に少し嘔吐。外に連れていき、支えながらオシッコと下痢。
8時にも嘔吐と下痢。14時に嘔吐。息は荒いまま。
18時にかなり激しい痙攣をする。四肢をふんばり、目の玉は飛び出しそうだった。
思わず叫んでしまった。このまま死ぬんだと思った。しかしハナマイもりかえす。
20時あたりから立て続けに嘔吐。かなり苦しそう。
前足でふんばりバッタンバッタン倒れながら嘔吐するので支えようとしたら、噛まれる。

DIMG_9092_0809.jpg
▲ 
8月9日。これが真に最後のハナマイ写真。


8月10日の日付をまたいでからも嘔吐し続ける。
その吐しゃ物が、今までかいだことのないものすごい悪臭だったのを覚えている。
色は茶色で一回の量は多くないのだけれど、回数がやたら多かった。
そして嘔吐と共に下痢ももらすので、ハナマイの体を綺麗に保つのがとても大変だった。
とにかくすごいにおいなので、ハナマイベッドも新調したくらい。
体の下にはペットシーツを何枚にも重ねて敷いていた。

あまりのハナマイの苦しみように、安楽死を考える。
どうしたらいいのか調べまくり、その間にハナマイの世話をする。
今考えるとパニックになっていたかも。
なぜこんなに苦しんでいるのに死ねないのか、どうしたらいいのかと思っていた。
さすってやろうにも、さわられたくないような感じもしていた。
しかしこれは言い訳なのかも。
すごいにおいすぎてさわりたくなかっただけなのかも。
かまれたのがショックだったのかも。
最低です。

朝5時にまた嘔吐。
5時50分。すこし痙攣っぽい動きをした後、
ぐぐぐぐーーーーーっと伸びるような動きをして、ハナマイ旅立ち。

DIMG_8744.jpg
▲ 「以上があたしの闘病生活記です!読んでくれてありがとう!」

ハナマイ旅立つまで その1

皆さんこんにちは。ハナマイのテーピングです。
いつもとは違うものすごい邪魔なとこに置いてあった物にカカトがひっかかり、
後ろ向きに倒れそうになったのでふんばったら肉離れになりました。
生まれて初めてなったのですが、めっちゃ痛い!一番軽いⅠ度らしいが痛い!
1週間をすぎるころからやっと痛みが引きはじめたけれど、
2週間たつ現在もしゃがむのがけっこう大変でございます。運動できぬー!
なぜそんな邪魔なとこに置いたのか。キー!腹立つ!私が置いたんじゃないよ!

さて、やっと1年以上たって、ハナマイ旅立ちまでを書こうと思います。
けっこうな、直接的な表現も出るかと思います。そういうのが苦手な方は注意です。

DIMG_5776.jpg
▲ 「血とか嘔吐とかって表現出てくるから苦手な人は回れ右!」


まずはおおまかなな流れを記してみます。

2017年7月:
ハナマイ食欲なくなる。
いろんなカンカンやフードを与えるも少ししか食べず。
7月23日:
ときおり吐いたり下痢するようになる。
7月24日:
往診してくれる獣医に来てもらう。検査の結果、体内で炎症が起きていると判明。
エコーをしたら腹水がたまっており、肝臓に何かがあるとわかる。
7月25日:
肝臓の何かを調べようにも、精密検査の麻酔で死ぬ危険あり。検査できず。
7月27日:
ステロイド注射をするも、元気になるはずがよけいに悪くなったようになる。
もう先は長くないとわかり、プリンなど食べられるものを与える。
8月6日:
水しか飲まなくなる。
8月7日:
歩けなくなる。
8月8日:
嘔吐し、便をもらすようになる。立てなくなる。痙攣を起こすようになる。
8月9日:
激しい嘔吐を何度もする。激しい痙攣も起きる。
8月10日:
旅立ち。

写真をつけながら、もう少し詳しく書いてみます。
6月の梅雨シーズンに入ると、ハナマイの食欲がすこし減ってきた。
しかしそれは毎年のことで、たいして気にしていなかった。
だけれども、7月に入るといつものカリカリはほぼ食べなくなってしまった。
違うフードにしたり、臭いカンカンにしたら食べるけど、それもほんの少しだった。

DIMG_8935_0718.jpg
▲ 
7月18日。食べたとしても小さなカンカンを一日で2個くらい。


そこでふと気づく。食べてないのに、やせてないのである。
むしろなんだかお腹まわりがふっくらしている。これはもしや、腹水ではないかと思った。
下痢もこのあたりから数日続くようになっていた。

DIMG_8945_0726.jpg

ぜんぜん食べてないのに盛り上がってるハナマイのお腹。


しかしこの一年前の2016年に大暴れして以来、ハナマイは獣医に行くのが大嫌い。
なので新しく往診してくれるところを探し、来てもらうことになった。
7月24日、血液だけとってもらい、後で人間だけ獣医に行った。
そこでALPと白血球の数値がとても高いことがわかる。
抗生物質とおなかの薬をもらって帰った。

翌日25日、いてもたってもいられず、なんとかハナマイを連れて、
ずっとお世話になっていたかかりつけに行き、精密検査できないかと聞いてみた。
しかし検査のショックで死んでしまう可能性があり、できず。
腹水のことを話すと、利尿作用のある薬を出される。
また、獣医用の高カロリードリンクやカンカンももらう。


DIMG_8959_0726.jpg

7月26日。往診と病院行きが続いて疲れた様子。


27日、あまりに元気がないため、往診してもらった獣医にハナマイを連れていく。
ここでは飼い主補助のもと立ったままエコーをしてもらえた
(かかりつけは飼い主なしで奥に連れてっちゃうため暴れて不可だった)。
その結果、腹水がたまっていること、肝臓になにかあることがわかる。
しかし精密に調べるには針生検をするしかなく、そのための麻酔で死んでしまうかも。
ここでもう先は長くないこと。今月いっぱいが限界だろうということ。
なんでもいいから、食べられるものを与えること。
ステロイドを打つと苦しくなくなる?ようなことを言われる(すんません、よく覚えてない…)。
緩和ケアとしてのステロイド、抗炎症のための抗生物質、腹水対策の利尿の注射をする。

しかし家に帰ってから、昨日まではゆっくりと歩けていたのが、
一歩歩いてはグラリ、一歩歩いてグラリという状況になる。
高カロリーのドリンクやカンカンをシリンジで与える。モロゾフのプリンは自力で食べる。
朝に12.7キロだった体重が、12.4キロになる。利尿作用であろうか。

長くなったので、『その2』に続きますよ!また次回!

後悔していること

皆さんこんにちは。ハナマイの注射です。
やっと、やっと忙しさが一段落いたしました。
8月下旬に定期検査で異常がみつかり、追加の検査でさらに異常があり病気らしいと判明。
その病気の根本に別の病気があるかもと検査しまくっておりました。
MRIの中に1時間ってきつかったわい!息吸って~とかしないかんから寝られんし!
結果としてただの普通~の皆さんもよく知っている国民的病気の初期と判明。
治ることはなく進行するタイプの病気ゆえに一生つきあっていかねばなりませぬ。
一時パニック(今も若干パニック!)となり体重激落ち~。BMIヤバス
(こう書くと超深刻そうですが、誰もが知る超メジャー病。元気に過ごしてる人も沢山です!)。
今は体重と筋肉を増やそうとがんばっております。

さて、そろそろハナマイ最期のあたりのことも記事にしようかなと思っております。
その前に、まずは後悔したことを書いておきます。暗い上に長文愚痴です!注意!

DIMG_6097.jpg
▲ 「愚痴はいやだわね」

なんと言っても、通夜をしなかったことは今も悔やまれます。
なぜ、すぐに焼いてしまったのか。
6時に死んじゃって、11時には焼いてしまった。その間たったの5時間。

言い訳はある。
夏場であり、お盆でドライアイスが買えなかった。
しかもハナマイ死んじゃった日は帰省予定の日だった。
だが、ドライアイスがなくても、巨大氷を買ってくればいいだけであり、
帰省にいたっては、先方から気にしなくて良いと散々言われていた。

なぜ帰省せねば!と思ってしまったのか。
自分の性格的に、人に心から頼れないところがあるからである。
ほんとうーに子供の頃から自分のことは全部自分でやってきたので
(なので、中学生くらいの子が親と病院に来ているのを見ると、いいなあと思う)、
いざ真に大変なことがあったときになかなか頼れない。これは今でもそう。
そして自分の頭には、犬は死んだら即効焼くものという考えがあったかもしれぬ。

DIMG_7334.jpg
▲ 「焼くのはチキンにしてくれい!」


だけど、おそらく一番の原因は、ハナマイの死を認めたくなかったからじゃないだろうか。
死体さえ目の前からなくなってしまえば、とどこかで思っていたかもしれない。
ハナマイ死んじゃった瞬間は涙が出たけれど、
その日は、お寺でも焼く前も焼いた後も家に帰ってからも、涙は出んかった。

しかしその結果として、うんと苦しむことになった。
きちんとお別れできなかったことをものすごく後悔するようになった。
人間の場合は死んでから24時間以上経たないと焼いてはいけないと知ってからは、
「もしかして、ハナマイは生きていたのではないか」と思うようになり、
とんでもないことをしてしまったのではないかと思い、苦しんだ。今も苦しい。

DIMG_7357.jpg
▲ 「逃げた結果、よりひどいことになったのね」

ちょいと余談になりますが、通夜しなかった件について、
同じく通夜しなかったワンコブログの人にコメント書いたことがあるんです。
デリケートなことなので、一晩かかって文章を考えました。
「後悔していませんか」みたいなことを書きました。そしたら、
「あなたには関係ない、こちらのやることをいちいち気にしないでくれ」
と怒りにみちたコメント返しをいただいてしまいました。
なにかまずいことを書いてしまったかと、このやりとりを数人に見てもらいましたが、
誰もどうして怒らせたかわからず……。
結局、こちらがどれだけ言葉をつくしても、地雷をふんだらそれまでだと思い知りました。
この件以降、犬を亡くされた方のブログにコメントを書くのが大変苦手になりました。


DIMG_7344.jpg
▲ 「地雷ってどこにあるかわからんしー」


一方、ハナマイグッズについては後悔していることは少ないです。
どこかのブログで
「感情にまかせて物を捨てるのはやめたほうがいいです。捨てるのはいつでもできます」
と書いてあったのを読んだから。
それでもハナマイ使ってた毛布をうっかり洗ってしまったり(これ超後悔!ハナマイ臭が!)、
あまり使っていなかった綺麗な物は寄付してしまったりした。

今残っているのは食器や首輪、リード、おもちゃ、洗っちゃったけど毛布など。
なんでか残ってる獣医の領収書は、さすがにもういらないかなと思っています。
そうそう、袋にぎゅうづめにした毛は宝物です!
ハナマイ死ぬ前に捨てておかないと、二度と捨てられんくなると思ったけれど、
ダンナ殿に止められたのです。これは本当にとっておいて良かったです。

DIMG_7952.jpg
▲ 「この毛じゃな」

あと、抜けた爪もなんでかとってありました。
そうそう、ヒゲもけっこう落ちてますよね!これもとっておけばよかった!ぐぬぬ!
他にも後悔したことはありますが、とても長くなったので今日はここまで~。

あれから一年

皆さんこんにちは。ハナマイヤーの堪忍袋です。
GWにあれこれ父と姉を交えて話したのですが、それ以降もやもやがすごい。
父や実家のことは私が全部やる話となったが、一切やる気のない姉、遺産は欲しいらしい。
母の介護のときも姉は指一本動かさず、、しかし遺産はきっちり持っていった。
仕事をやめ介護で病気にもなった私であるが、姉にとっては完全に他人事みたい。
私の人生も後半に入ったのである。いい加減、自由にしてもいいはずじゃい!
誤解されては困るのだけれど、やりたくないと言っているのではないのです。
父に情けだってあるし感謝だってしてる。実家には思い入れもあるし守っていきたい。
が、父も姉も私がやることに何の疑問も持たず、感謝も申し訳なさもないというのがねー。
姉が、「私は一切できません。遺産は放棄するのでよろしくお願いします」と言ってくるまで、
ワシも一切やらぬ!さあ、引っ越しをどんどん進めるぞい!!!

……。
冒頭からお目汚し失礼しました。もうね~書かないと爆発して家も爆発しそうなので。
どっかで吐き出さないとなのですけど、吐き出すところがないのでね!
直接父や姉に言っても、なぜか私が悪いってことになるから話したくないね!

DIMG_7052.jpg
▲ 「ちょっとぉ~落ちつきなさいよ。こわいわよ。モフっていいからさ~」

おおすまん。では本題を。
2017年8月10日にハナマイ旅立って一年となりました。
一年たつの早いなあというよりは、まだ一年なのかという感じです。
ハナマイがいたのが、う~んと前だったような感じがします。
とは言っても、ふとしたときにハナマイの影のようなものを感じたりとか。
布団で寝ていると、ハナマイが足もとにドスッと寝たときの重みや暖かさを思い出したりとかします。


DIMG_6680.jpg

後悔していることは山のようにあります。
なぜもっと早くハナマイの病気に気づかなかったのかとか、
やはり点滴はしたほうが良かったのではないのかとか、
自分の気持ちの問題で言うと、通夜をしなかったのは完全に間違いだったとか。


DIMG_7169.jpg

通夜をしなかったのは本当にダメでした。
しなかったせいでハナマイの死を受け入れるのにものすごく時間がかかりました。
ちゃんと、ハナマイの死と向き合うべきでした。逃げるようにさっさと葬儀をしてしまいました。
今思えば、ハナマイの死を受け入れたくなかったのだと思います。
しかしそのせいでよけい苦しみ、ハナマイをゆっくり送れませんでした。


DIMG_8745.jpg

今でもハナマイに会いたい。モフモフに顔をうずめ、日向くさいにおいをかぎたい。
ハナマイが復活するならどんなことでもするけれど、そんなことは不可能だとわかってる。
こんなことを書いているくせに、日々ハナマイを思い出す時間は少なくなっている。
それはとても自然なことなんだろうけれど、やはりとてもさみしい。ハナマイいなくてさみしい。


DIMG_8936_0718.jpg
▲ 「ちょっと!記事が暗すぎるわよ!明るいことも書きなさいよ!」

ぐぬっ。明るいこと!?そうさなあ~。そうそう、先日ついに胃と大腸のカメラやりました。
食道に変異がみつかって生検に出した以外は異常なし!つるっつるのキレイな臓器!
あれ?じゃあ月に半分以上あるお腹の不調の原因はいったい…。


DIMG_8947_0726.jpg
▲ 「すくなくとも胃や大腸のガンじゃないってわかったじゃないの!」

そうね。可能性をひとつずつつぶしていくのは大事よね。
なにやら機能性なんたら~とか、過敏性なんとか~に落ち着きそうな気がするし~。
というか単なる更年期な気もしてきたし~。


DIMG_8942_0720.jpg
▲ 「さあ、乗っていいわよ!モフるがいいわ!」

なんの生き物よ、これ。手足どこに行ったのさー!
これはもうモフるしかない!皆さんもレッツモフモフ!
まだあと2つリクエストがありますので、ブログはもうちょい続きますです。

ハナマイ好きな散歩コース好きな場所いつも行っていた場所

皆さんこんにちは。ハナマイヤーのケツ汗です。
おかしい。この暑さと体調の悪さのせいであろうか。予定がまるで狂ってる!
8月10日のハナマイ命日あたりにブログを閉鎖するはずが、
ブログ閉鎖そのものの準備が進んでおらず、とてもじゃないが無理!
リクエストもちょうどそのあたりで無くなるので、タイミングばっちりだったのに!キイー!
とはいえ8月はいよいよ大腸内視鏡やるかもで、ちょい忙しいかも?こりゃ血尿も出るわ!

さて、今回のリクエストです。
ハナマイの好きな散歩コースや好きな場所、いつも行っていた場所のリクエストです。
困った、散歩コースはいつも同じかつ、車も苦手ゆえいつも行っていた場所もないのだ!

IMG_1790.jpg

我が家のまわりはアスファルトばかり。
野山やたんぼや畑のあるところだったら、もっとイキイキしただろうと思うハナマイ。


IMG_5320.jpg

ほぼ走るようにして散歩していたハナマイ。


DIMG_0846.jpg

ハナマイは初めての場所に行くと異様な興奮をしてしまい、制御不能になってしまうのである。
はあはあと引っ張り、ぜいぜいと引っ張り、疲れ切ってしまうのである。危険なのである。


DIMG_4044.jpg

冬の寒い日に、ロング散歩といって2時間近く歩くこともあったけれど、
それもせいぜい我が家から半径2キロの範囲であった。
数回だけ川に行ったことがあったけれど、いきなり川に飛び込んだり、
なんでか下痢になっちゃったり、やはりあまり精神衛生上よくないみたいなので行かなくなったのだった。


DIMG_8662.jpg

やはり一番好きなところは我が家の庭かしらん。
とても落ち着いていろいろ散策して、トカゲをつかまえたり穴を掘ったりしていた。


DIMG_8696.jpg

一時期トカゲを惨殺しすぎて、庭からトカゲが姿を消した時期もあったけれど、
今ではすっかり復活!今年はトカゲの姿をよく見ますよ!

プロフィール

ハナマイヤー

Author:ハナマイヤー
ハナマイヤーこと はな
2002年2月13日生まれの雑種

日々の昼寝の合間合間に起こる
よしなしごとを綴ります
ワンコ以外のネタもあります

リンクフリーです
写真の転載転用はご遠慮ください

ハナマイカウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR