1枚更新40 冷え込みマイヤー

DIMG_4262.jpg


ぐぐっと冷え込んだここ数日、ハナマイ地方も例外ではなく、
最低気温が10度を下回りました。サブいよ!いきなりサブいよ!
油断していた私はまんまと鼻水ズビーのクシャミ連発です。
そして寒くなるとハナマイが布団の上に乗ってきます。
もうほとんど自分の布団のキモチ。重いのよ。足がシビれるのよ。

寒くなるとインフルエンザも流行ってきますが、ワクチンをいつ打とうか迷い中。
面倒くさくて打つのやめようか?とか思ったりしますが、
超インフルエンザにかかりやすいので打ったほうがええの~う。
そういえば我がダンナ殿、インフルに一度もかかったことがないという…。
友人Aも経験ないと言っていた。もしやかかる方が少数派なのか!?
中学高校時代は6年間毎年かかりましたよー!

10月のハナマイ

皆さんこんにちは。ハナマイの布団です。
やっと涼しくなり秋めいてきました。ビバ!冬!(まだ秋だけど)
布団にインしたときの気持ち良さ~、たまらん~。
長年使ってたカバーが毛玉だらけになったので、新しく買いました。
これが良かった!オーガニックガアゼカバア!とっても柔らかくて良い!
しかも洗えば洗うほどクタクタになるそうで、今から楽しみです。

さて、私がガアゼに興奮していたら、ハナマイの10月は過ぎようとしていた。

DIMG_5145.jpg


フィラリアのビーフチュアブルをおいしく食べ~、

DIMG_5051.jpg


朝ゴハンをおいしく食べ~、

DIMG_4790.jpg


昼ゴハンもおいしく食べ~、

ねむい


父ちゃんの足の間で昼寝する~(ときに父ちゃんの足はシビシビにシビれる)。

秋といえば、果物がおいしい季節です。
今年はブドウがイマイチなのでしょうか?昨年でていた品種を見かけなかったり。
フィンガーなんちゃらってのがおいしかったんだけど、買えませんでした。
その代り、梨をたらふくいただきましたよ!

DIMG_5079.jpg


ジャン!巨大梨!
「かおり梨」という品種で、そのとおり香りがよろしい。
ショリショリとした食感もよろしい。
切った瞬間にあふれだす果汁もよろしい、と素晴らしい梨です。
地元では買えないので、お取り寄せしましたでっす。

そろそろ出てくるは柿。
やわらかめはちょい苦手で、ガリンガリンのが好き。
リンゴもありますな。先日スーパーで売っていた秋映というのがおいしかった。
おお~、やはり秋は実りの秋。ビバ!果物!

ハナマイヤマイ記録

さて、先日来ちょこちょこどうしよう言うてたハナマイ闘病記、
たいそう簡単で肩すかし感すごいかもしれませんが、書いておきます。

もともと初めて獣医に行った子犬のとき、当時の獣医さんに、
「この子、心臓に雑音があるね」と言われたのですが、
その後別の獣医では、雑音なんて聞こえないと言われそのままに。

DIMG_4322.jpg

▲ 「あたしにも子犬時代はあったのよ!


更に別の獣医に代わり、2007年8月(5歳)にレントゲン。
初めて行く獣医だったので、レントゲンしたのかしら?(記録なし)。
レントゲンに異常はないけど、雑音はあるねと言われた気がします。
そして2009年7月、同じ獣医にかかっているお友達ワンちゃんが、
僧房弁不全症と言われ、その方のオススメもあり検査をすることに。

2009年9月(7歳)にレントゲンしたところ、心肥大発見!
肺や気管支には目立つ異常なし。症状として咳もほぼなかったです。
その日から投薬開始。フォルテコール5㎎を朝だけ。
発覚した当時のブログがコチラ

DIMG_4708.jpg

▲ 「フォルテコールはビーフ味でおいしいです


それからは夏に入る前、夏が終わってから、真冬にと年3回のレントゲン、
薬の副作用がでていないか見るための血液検査もほぼ同じタイミングでやってます。

2013年12月(11歳)のレントゲン検査で心肥大と血管が白くなっているのが写り、
ベトメディン5㎎の半分を朝晩に投薬開始。
こちらは強心薬なので、副作用があるため数日はよく見てるように言われました。
幸いなことにハナマイにはよく効いてくれて、
再度のレントゲンでは心肥大もおさえられ、血管も白くなくなってました。
2014年6月、10月のレントゲンでも心肥大は進行せずに止まってます。

2009年の投薬から、2013年まで4年間、
フォルテコールだけで悪化せず進行しなかったのは、わりと珍しいと言われてます。

DIMG_4877.jpg

▲ 珍犬の後頭部


あら、意外と長くなってしまったわ!
こう書くと「心臓病ひどいのか!?」と思われそうですが、
咳もないし、超走り回るし、めっさ元気です。
ただ、レントゲンを見ると心臓丸っこいですけど(汗)。

投薬については何も考えずに、獣医を信頼して開始しました。
僧房弁不全症そのものについては調べましたが、
薬の副作用とかは調べた覚えがありません。
怖い話が検索でひっかかったら、私の性格上、疑心暗鬼に陥るのは明白なので…。

発覚した2009年の時点で、放置したら3年後(2012年までの)生存率25%、
投薬しても75%の狭き枠をグイイとくぐりぬけ、2014年の今まで元気ハツラツしとるハナマイ。
2015年2月には13歳になります。それまでは元気でいておくれ!
近所の人に犬は13歳でガターッなるよ言われとるけど!

DIMG_5011.jpg

▲ 「ガターッなったのはこれ書いてる人です!

やかましい!トシとったら人間族もガターッなるんじゃ!

1枚更新39 オッサンマイヤー

DIMG_5104.jpg


オッサンすぎるハナマイヤー。女の子じゃのに、この貫禄はいったい!?
このまま選挙ポスターにでも使えそうです。ワンワン党か。
トシと共に目のところのポチ部(マロ部)が目立つようになりました。
口元が白くなるとは思ったけど、ポチ部まで白くなるとは。
このポチ部が広がって、メガネみたいになったらどうしようと密かに思ったり。
とか言いつつも、トシとったワンコの毛が白くなりゆくのは萌え!なのです!!

前ブログでは皆さんコメントくださりありがとうございます!
そういえば私もハナマイが病気になったとき、
同じような子がいないかとネットで探し回りましたっけ。
闘病記録といってもほぼ変化のない退屈なものですが、
まとめて後日アップしますので、お待ちくだされ~。
プロフィール

ハナマイヤー

Author:ハナマイヤー
ハナマイヤーこと はな
2002年2月13日生まれの雑種

日々の昼寝の合間合間に起こる
よしなしごとを綴ります
ワンコ以外のネタもあります

リンクフリーです
写真の転載転用はご遠慮ください

ハナマイカウンター
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR