カウンセリング

先日、ハナマイヤー宅に訓練士の方をお呼びしました。
私が『問題犬』なのではないか?と心配するあまり来てもらったんです。
一度プロの方に見てもらえば、安心するかなーと。

さて、結果ですが、全く問題なしでした!!良かったです
多少吠える程度なら許してあげて、と言われました。
全く吠えないなんて絶対無理だそうです。

IMG_2198.jpg

▲ 「アタシに問題があるわけないわ

検針員さんにだけ吠えるのは、検針員さんに何かされたか、
ちょうどその方がいたときに大きな音がしたりなど、
ハナマイヤーにとって怖いことがあったかもしれないそうです。

そういえば思い当たる、ハナマイヤーの変な行動があるんです。
検針員さんに吠えた頃から、いきなりハアハア言い出して
膝に無理矢理よじ登るようになりました。登ってブルブル震えているんです。
私が立っていると、足の間に体を突っ込んできてブルブル。
その怖かったことがトラウマになってるかもしれないそうです。

IMG_2260.jpg

▲ 「ちょい、登らせて~

ワンコと仲良くできないのは、
生後3ヶ月頃にワンコとたくさん触れ合ってないのが主な原因みたいです。
それと入っていた訓練所で他のワンコに苛められた可能性もあると。
我が家に来てくれた訓練士さんは、
訓練所に入れるのはいろんな意味であまりオススメしないそうです。

さて、トラウマの克服やワンコと仲良くするのには、
飼い主が神経質にならず、どっしりと構えてリードしてあげてと言われました。
散歩のときも、ハナマイヤーの散歩に私がついていくのではなく、
私の散歩にハナマイヤーがついてくる形にするよう言われました。
基本的にニオイは嗅がせず、横を歩かせるだけ。
3~4回立ち止まりスポットを作り、そこでニオイ嗅ぎと用足し。

普段の暮らしでもワンコの要求をのまないようにとの注意も。
全ての行動が、飼い主の許しがないと制限されることをわからせるのだそうです。
こう書いてしまうと、ワンコには何の自由もないの?ストレスたまらない?
と思われてしまいそうですが、そうやって飼い主が全てをコントロールすることで
ワンコは『この人に任せていれば大丈夫なんだ』と安心するそうです。

IMG_2176.jpg

▲ 「なんで登らせてくれないの~?

面白い話を訓練士さんから聞きました。
いつも同じところでメチャクチャ吠えるワンコがいたそうです。
ところが、そのワンコの飼い主さんでなく、訓練士さんがリードを持ったら
全く吠えなかったと。それくらいリードを持つ人の心が伝わってしまうのです。

ワンコは群れを作る動物です。
飼い主がワンコのリーダーとなって、ワンコを引っ張るべきなんですって。
神経質なのが一番ダメ!だそうです。反省
もっとデカイ人間になって、ハナマイヤーをど~ん!と受け止めるわ!!

IMG_2194.jpg

▲ 
これはデカイケツ。訓練士さんに少し太り気味って言われました。
腰のくびれが出て、アバラに触れるくらいまでダイエットしてね、だって。
がんばるわよ~。もうオヤツはないわよ~。


追記:
飼い主がナーバスになるのが一番イカンですな。
プロフィール

ハナマイヤー

Author:ハナマイヤー
ハナマイヤーこと はな
2002年2月13日生まれの雑種

日々の昼寝の合間合間に起こる
よしなしごとを綴ります
ワンコ以外のネタもあります

リンクフリーです
写真の転載転用はご遠慮ください

ハナマイカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR