ハナマイヤマイ記録

さて、先日来ちょこちょこどうしよう言うてたハナマイ闘病記、
たいそう簡単で肩すかし感すごいかもしれませんが、書いておきます。

もともと初めて獣医に行った子犬のとき、当時の獣医さんに、
「この子、心臓に雑音があるね」と言われたのですが、
その後別の獣医では、雑音なんて聞こえないと言われそのままに。

DIMG_4322.jpg

▲ 「あたしにも子犬時代はあったのよ!


更に別の獣医に代わり、2007年8月(5歳)にレントゲン。
初めて行く獣医だったので、レントゲンしたのかしら?(記録なし)。
レントゲンに異常はないけど、雑音はあるねと言われた気がします。
そして2009年7月、同じ獣医にかかっているお友達ワンちゃんが、
僧房弁不全症と言われ、その方のオススメもあり検査をすることに。

2009年9月(7歳)にレントゲンしたところ、心肥大発見!
肺や気管支には目立つ異常なし。症状として咳もほぼなかったです。
その日から投薬開始。フォルテコール5㎎を朝だけ。
発覚した当時のブログがコチラ

DIMG_4708.jpg

▲ 「フォルテコールはビーフ味でおいしいです


それからは夏に入る前、夏が終わってから、真冬にと年3回のレントゲン、
薬の副作用がでていないか見るための血液検査もほぼ同じタイミングでやってます。

2013年12月(11歳)のレントゲン検査で心肥大と血管が白くなっているのが写り、
ベトメディン5㎎の半分を朝晩に投薬開始。
こちらは強心薬なので、副作用があるため数日はよく見てるように言われました。
幸いなことにハナマイにはよく効いてくれて、
再度のレントゲンでは心肥大もおさえられ、血管も白くなくなってました。
2014年6月、10月のレントゲンでも心肥大は進行せずに止まってます。

2009年の投薬から、2013年まで4年間、
フォルテコールだけで悪化せず進行しなかったのは、わりと珍しいと言われてます。

DIMG_4877.jpg

▲ 珍犬の後頭部


あら、意外と長くなってしまったわ!
こう書くと「心臓病ひどいのか!?」と思われそうですが、
咳もないし、超走り回るし、めっさ元気です。
ただ、レントゲンを見ると心臓丸っこいですけど(汗)。

投薬については何も考えずに、獣医を信頼して開始しました。
僧房弁不全症そのものについては調べましたが、
薬の副作用とかは調べた覚えがありません。
怖い話が検索でひっかかったら、私の性格上、疑心暗鬼に陥るのは明白なので…。

発覚した2009年の時点で、放置したら3年後(2012年までの)生存率25%、
投薬しても75%の狭き枠をグイイとくぐりぬけ、2014年の今まで元気ハツラツしとるハナマイ。
2015年2月には13歳になります。それまでは元気でいておくれ!
近所の人に犬は13歳でガターッなるよ言われとるけど!

DIMG_5011.jpg

▲ 「ガターッなったのはこれ書いてる人です!

やかましい!トシとったら人間族もガターッなるんじゃ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

13歳でガターなるとか言わないでーー。怖いーー。
でも近所のゆめの好きワンコ君が13歳でガター来てる…(;_;)
ガターって言ってもお顔が急に真っ白になって後ろ足に震えがきてる
くらいで、毎日元気にお散歩してますが。
ううう、一日一日を大事にしてあげねば。
ハナちゃんのハツラツっぷりは同じ病気のワンコと飼い主さんに
希望と元気を与えると思いますよ!

最後の写真にダンベルが写りすぎ(量的に)だと思うのだけれど
どれが人間用でどれがハナちゃん用ですか…?

No title

うわ~・・・ママさん、心配な時間を過ごされていたんですね・・・
はなちゃんのために一生懸命悩まれて選択されて決断されて・・・
はなちゃんはそれに応えるように順調で、私もうれしいです(*'ω'*)
13歳・・・はなちゃんには関係なさそう(*^▽^*)
そうそう・・・飼い主の私たちも負けないように元気を維持しなくちゃね~
大切なワンコのために(^_-)-☆

No title

人間も、40過ぎて同級生に会うと、病気の話しかしなくなるんです(笑)

ママさん、詳しい経緯まで記録されていて、
それを見せて下さってありがとうございました。

ハナちゃんの明るさと、信用できる獣医さん、薬の作用しやすい体質と、ママさんのケア、
全てが上手にかみ合って、これからも元気ハツラツで過ごして下さいね

そうですねぇ
ハナちゃんが病気でビックリしましたよね。
でも、見た目も元気そうで、ママさんがしっかりお薬を飲ませたし、きちんと効いてくれて良かったですねぇ
何歳になると…って、毎日見ていて、あれって、思うときですよね。、奏も気付いたら年取ったと感じますし、でも、ハナちゃんに負けずに長生きしなきゃね!

●フジウラさんへ●

その家のワンちゃんが13歳でガターなったらしく、
会うたびに言ってくる…でもそこのワンコ、18歳寸前まで長生きしましたけど!?
ワンコの1年って人間の4年と聞くので、人間にはガター見えるのかも。
お顔が白いのはカワイイですぜ!!
ハナマイは相変わらずハツラツ暴れっぷりでこちらがビックリするほどです。
毎日じっくりかわいがってますぜ!!!

ダンベルですが橙色が私、黒いのが父ちゃん、その横のヒモがハナマイのです。
って、ヒモはダンベルじゃなーい!

●メイプルちゃんへ●

いや、すいません、そこまで深刻になってなかったです…(^^;)。
選択もそんなに考えてなく、投薬もホイホイやっちゃった感があるかもです。
偶然ハナマイには良く働きましたが、今考えれば拙速すぎたかも?
とにもかくにも、ハナマイが元気なので良かったです!
あと3ヶ月ちょいで13歳ですが、油断せずにいきたいと思います☆
先に人間族のほうがガターなりそうな勢いですが、頑張りますぞい♪

●まりもちゃんへ●

確かに!先日友人に会った時も、オシリの話ばかりしていた私!ギャー!

記録と言ってもメモはほんの少しで、あとは当時の領収書と
血液検査のときにもらった書類から掘り起こしました♪
誰かの役に立てればうれしいです。

ハナマイの場合は本当にその通りで、すべてがうまくかみ合っていたという感じです。
自分の病気もハナマイのときのようにお気楽に考えればいいのかも!?

●奏ママさんへ●

なんとなーく、心臓病かもとは思ってはいたものの、いざ確定されると驚きました。
見た目はコロコロしてるし、超早足で散歩するしで、病気だと言うとビックリされます。
薬もハナマイの場合はよく効いてくれました。
人間族も毛皮族も年月が経てば、アレ?って思うことはでてくるものなので、上手に付き合っていけたらと思います。
奏ちゃんと一緒にレッツ健康で長生き!

No title

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

13歳で・・・
でもチャーリー君はぜんぜんガターーって来てなかったよ~U^ェ^U
初めてチャーリー君に逢ったのが13歳か14歳ぐらいだけど
めちゃくちゃ元気だったよ~
元気ハツラツ~に走り回ってるハナちゃん見てると闘病生活してるとは
ほんと思わな~いよ☆
ハナちゃんも きっと元気ハツラツ~に乗り越えられる気がする~~\(@^0^@)/

●かずちゃんへ●

こんにちは~♪

同じ13歳でもそれぞれよね!
チャーリーくんはバリバリ元気だったと聞いて、勇気がわいてきたぞい☆
たまに散歩に会う人に「心臓病で」というとビックリされます(^^;)
このトシになっても全然落ち着きがないし!
美味しいものを適度に食べてもらって、元気ハツラツに過ごしてもらおうと思ってます♪

プロフィール

ハナマイヤー

Author:ハナマイヤー
ハナマイヤーこと はな
2002年2月13日生まれの雑種

日々の昼寝の合間合間に起こる
よしなしごとを綴ります
ワンコ以外のネタもあります

リンクフリーです
写真の転載転用はご遠慮ください

ハナマイカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR