はな、収容所送りになる

収容所はな

我が家にやってきてからというもの、
イタズラの限りをつくしてきた、はな。 事件は、ある晩に起こりました。

はなが、父ちゃんの蘭に手を出したのです。
それは父ちゃんが凄く大事にしていた蘭。
とっても貴重な蘭。はなが、それを鉢から引っこ抜き、ボリボリにしたのです。
それまでにも父ちゃんの大事なイチジクの苗を10回以上も掘り返した、はな。

父ちゃんの、堪忍袋の尾が切れました。

「もう、面倒はみん!!」

私は、はなを叱ることしかできませんでした。

ワンコを飼う前から、ワンコを飼ったら訓練所に入れようとは思ってました。
ですが、このようなタイミングで入れることになろうとは。
笑顔で、はなを送り出したかったのに。

生後約7ヶ月で、とある警察犬訓練所へ入れました。
もちろん寄宿舎制度で、はなとは3ヶ月は離れて暮らします。
また、面会も月に1度と限られていました。

IMG_1468.jpg

はなが檻に入っての対面。いつも寝ている部屋から、とりあえずここに移されます。
父ちゃんを、じっと見てます。
父ちゃんも、大人気ないことをしたと、かなり反省してました。

IMG_1469.jpg

はなの成果を専属のトレーナーさんが見せてくれました。
驚くほど、トレーナーさんの言うことをききます

IMG_1470.jpg

檻から出してもらって、父ちゃんに甘えています。
凄く叱られたけど、家族だもんね

IMG_1472.jpg

私にも甘えてきました。こんなこと、それまでなかったのに。
凄く、さみしいんだな、って感じました。

はなが訓練所に入って初めて、
はなの存在が物凄く大きかったことに気づきました。

朝起きてもはながいない

これだけで、凄くさみしかった。
でもそれ以上に、独りで知らないワンコと暮らしていたはなは、
うんと、うんとさみしかったはず。ごめんね

次回、「はな、帰る」。帰ってきたはなに変化が


追記:
この夜の出来事はいまだにハッキリと覚えています。
いろんな意味でショックでしたが、はなが一番ショックだったでしょう…。
プロフィール

ハナマイヤー

Author:ハナマイヤー
ハナマイヤーこと はな
2002年2月13日生まれの雑種

日々の昼寝の合間合間に起こる
よしなしごとを綴ります
ワンコ以外のネタもあります

リンクフリーです
写真の転載転用はご遠慮ください

ハナマイカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR